こんにちは、奈良ウガヤゲストハウスの瀬戸一平です。

私が、実際に訪れた寺社仏閣について、超個人的なレポートをさせていただきます。
ぜひ、あなたの「奈良旅」の参考にしていただけるとうれしいです。

(ご注意)
この文章は少し前に書いたものですので、拝観料等の金額については、
現状と少しズレがあるかもしれません。ご了承ください。
季節もばらばらです。また、ここに書かれている寺社仏閣への交通手段は、ほとんど車での移動でした。
電車またはバスで行かれる方は、ご遠慮なくウガヤで行き方をお尋ねください^^。

それでは、一緒に参りましょう。

 

続きましてのご案内は、ふらっと桜井。

奈良県桜井市にある「大神神社」に行ってきました。
JR奈良駅から「万葉まほろば線」で桜井へ。電車は30分おきにでています。

桜井は、以前、楽器の営業をしていたときによく来ていたのですが、なぜかいつも到着が夕方になるんですね。
そのときの夕陽の感じが忘れられなくて!
雰囲気が違うんです。本当に美しい!!
大神神社も、神社前にものすごくでっかい大鳥居があって、その前をしょっちゅう通っていて気になっていたのですが、中には入った事がなかったので、そのときから、何か機会を作って、一度行きたいなぁと思っていました。

 

 

桜井駅からレンタサイクルで山の辺の道を辿る事にしました。
特別に「山の辺の道はこちら」みたいにわかりやすい標識があるわけではないので、
たまたま前を歩いておられたウォーキング夫婦についていく事にしました。

 

道々の景色は抜群に良い。

 

 

この川は「大和川」といいます。
河川敷の景色も綺麗で、水も透き通って綺麗、…。
が、この川、下流(大阪平野)に行くと日本一汚い川に変貌するんです。
シンジラレナ~イ!!

 

また、この河川敷には、仏教伝来の碑がたっています。
百済から来た使者が初めて仏教を伝えるために上陸したのが、この地だったそうな。
むか~しむかしはこの場所に都があったのです。
さて、河川敷の橋を渡り民家の間の路地を行くと金谷の石仏と書かれた標識がある。
その通り行ってみると…。

石仏の入った収蔵庫を発見。表の看板に「金谷の石仏」とある。

 

 

下が弥勒だそうです。
石棺の蓋になっていたものだそうです。鎌倉時代作とされています。
収蔵庫は無人で入れないので外からパシャリ。。

 

 

聖徳太子が開基したお寺として有名です。
明治の廃仏毀釈の影響を受け、一時は寂れたようですが、現在はご覧のように小さいながらも落ち着いた境内です。
本尊の十一面観音を拝観したかったのですが、バタバタしているので無理とのことでした。
遠くからチラッと拝観しましたが、なかなか立派な十一面のようでしたね。
今度来た時はぜひともお会いしたいと思います。

 

 

平等寺の山門を少し下ったところに「不動の滝」というのがあります。

 

 

「滝行」をするところらしいです。初めて見ました。
その前には不動明王が祀られています。

 

 

桜井近辺には「不動の滝」が何箇所もあって、行者さんが集まってくるところなんでしょうね。
友人にこの話をすると、
「あ~、俺も、ちっちゃい頃、親父に桜井に連れていかれて、滝行やったことあるよ」
と、さらっと言われました。
親父さんは行者でもなんでもないことは知っているので、ビックリです。
俺やったら、ちっちゃい時にそんなとこ連れてかれたら泣きわめいてるやろなぁ。



NEXT >> ウガヤのおすすめNo.1神社はココ!!大神神社