こんにちは、奈良ウガヤゲストハウスの瀬戸一平です。

私が、実際に訪れた寺社仏閣について、超個人的なレポートをさせていただきます。
ぜひ、あなたの「奈良旅」の参考にしていただけるとうれしいです。

(ご注意)
この文章は少し前に書いたものですので、拝観料等の金額については、
現状と少しズレがあるかもしれません。ご了承ください。
季節もばらばらです。また、ここに書かれている寺社仏閣への交通手段は、ほとんど車での移動でした。
電車またはバスで行かれる方は、ご遠慮なくウガヤで行き方をお尋ねください^^。

それでは、一緒に参りましょう。

 

仏教の伝来は「蘇我馬子(崇仏派)&聖徳太子」と、「物部守屋(排仏派)」の争いで、
蘇我馬子が勝ったことにより日本に入ってきたとされています。
その時期、蘇我馬子によって飛鳥に建立された日本最初の寺院が
元興寺(がんごうじ)の前身の法興寺(飛鳥寺)ということです。
のち奈良の都に移され(現在のならまち近辺)、寺名が元興寺に変わり今に至ります。
一言で元興寺と言っても、当時はかなり大きなお寺で、ならまち周辺では
元興寺の小塔跡などが点在しています。

 

 

今回行ったのは元興寺の極楽坊。世界遺産にも登録されています。
中には、智光曼荼羅がご本尊で祀られています。

 

 

こちらの収蔵庫の1階には阿弥陀如来坐像。
そして、定番の弘法大師空海!!ホンマどこにでもいらっしゃるなあ。。。
薬師如来。。。これが綺麗なお顔でした。仏像にしてはお顔が小さかったですね。
また、2階にはお気に入りの如意輪観音(にょいりんかんのん)。
なんなんだ、あの色気はいったい!!!

そして・・・・・・。なんだこれは!

 

 

屋根瓦の赤い部分は飛鳥時代から残っている瓦だそうです。。。何年前??
元興寺は観光地として整備されてる感がすごくあって、少し落ち着かなかったかな。
でも、やっぱり仏像は立派なものが多かったですね。

余談:
振り返ってみると真言律宗に好きなお寺が多いように思います。
海龍王寺、浄瑠璃寺、不退寺。
小さくて、でも妙に居心地がいいお寺が好きなんでしょうね。
仏像も好きな仏像が多いなぁ。。
宗派で関係あるんでしょうかねぇ。



NEXT >> 世界初!手動自動ドアのあるお寺^^般若寺